PR|お墓の整理と遺品整理|大阪で移動の負担が少ない葬儀場| 兵庫県で安心の遺品整理業者 | 遺骨を洗う専門業者 |

私は捨て魔ですが、逆に私の奥さんはなかなか物が捨てられない人で、私が黙っているとドンドン物を溜め込んでしまう人でした。先日利用した港区のシェアオフィスのような上質なインテリアに憧れますが理想と現実は全く違いますね。

奥さんのこの性格は、奥さんのお父さん譲りで、サイバーナイフで脳腫瘍治療中のお父さんも同様に物が捨てられず、不要なものを溜め込んで家が物で溢れています。たまに東京都内でも見かけるゴミ屋敷の様になってしまうのではと心配になるほどです。

彼らの言い分は共通しています。

「今は使わなくても、いつか使う日がくるかもしれないから。」

しかしハッキリ言います。今までも使わず、今も使っていない物に、いつか使う日は絶対にやって来ません。捨てない限り永遠に家に溜まり続けるだけです。

粗大ごみの片付けと聞くと、面倒くさいイメージはありませんか?
私はとてもそういうイメージを持っていて、使わなくなった家具もずっと放置していました。ですが、引っ越すことが決まり、ついに重い腰をあげて粗大ごみを捨てることになったのです。

まず捨てようとする時に知る必要があったのは粗大ごみの回収日です。自分の住んでいる地区の市役所HPを閲覧し、月に2回程度しかないことを知りました。次に捨てたいものの値段です。私の住んでいた地域では布団類はまとめて5つまでは¥500、食器棚などは幅により¥300か¥500というように細かく回収する値段が決まっています。

市役所HPで希望の回収日と捨てたいものを決めたら、HP記載の回収業者への電話依頼です。そこで依頼をして受付番号をもらいます。回収業者は粗大ごみに貼ってあるシールを参考に回収するのですが、このシールは最寄りのコンビニやスーパーで買うことができます。そのシールに受付番号を記入、粗大ごみに貼って指定日にごみ出しするのです。

そこで私は、3年前に奥さんが「いつか使う日がくるかもしれない」と言っていたものを、今日まで使う時があったか、奥さんに聞きました。

その答えは当然、一つもありません。そしてさらに聞きます。「過去3年間使う日がこなかったものが、今後3年間で使う日がやってくるかどうか想像してみな」と。

大幅なライフスタイルを変更でもしない限り、今まで不要だったものが、ある日突然必要になる事はほとんどないです。

仮に必要になった時が来ても、引っ張り出してみたら実は壊れてしまっていたという事や、性能や機能が古くて使い勝手が悪くなっていたりするものです。

この質問を投げかける事で、私の奥さんは少しづつですが、物を溜め込む癖を改善し、不要なものは捨てる事ができるようになりました。

捨てられない人の「いつか」を具体的に想像させる事が重要なポイントです。

意外とやってみるとなんてことはありませんでした。私は2週間に1度、計3回に渡り20点以上廃棄しました。皆さんも回収日時だけには気をつけて計画に粗大ごみは捨ててくださいね。

PR|生命保険の口コミ.COM|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|住宅リフォーム総合情報|工務店向け集客ノウハウ|健康マニアによる無病ライフ|マッサージのリアル口コミ.com|